新潟で家を建てるなら!?失敗しないハウスメーカー選び〜一条工務店編〜


新潟県は春・秋が短いのに冬の寒い期間と夏のジメジメしていて暑い期間がとても長いですよね。そんな新潟県に家を建てるとして、最適なハウスメーカーは一体どこでしょうか。私が住宅見学会に参加して話を聞いたハウスメーカーさんを紹介します。

今回は、高気密・高断熱の木造住宅が売りの一条工務店です。

結論からいうと、とにかく全てが高性能の一流メーカーでしたので、住宅を建てる時に機能性を重視したい人は一条工務店で建てれば間違いないでしょう。
以下は、一条工務店の営業さんから教えてもらった、一条工務店の技術についてご説明します。

【高断熱樹脂サッシで高断熱の窓】


日本の家の窓に一般的に使われているアルミサッシが、海外では住宅に不適切として使うことを禁止されていることをご存知でしたか?私は知りませんでした。
一条工務店の窓は、熱伝導の良いアルミサッシを使わず、標準で全ての窓が高性能樹脂サッシというサッシになっており、室外の熱さ・寒さを通さず、室内の温度も逃さないそうです。また、割れにくいため防犯性にも優れているとのことです

【床暖房完備】

一条工務店で家を建てると、標準装備で床暖房が備わっています。床暖房はメンテナンス費が高そうなイメージですが、一般的なメーカーで床暖房をつけようとすると、確かにすぐ壊れてしまうことが多いでしょう。その原因は、床暖房の不凍液を流すホースがジョイントで繋がれており、そのジョイント部分から液体が漏れたりして故障することが多いのだそうです。
しかし、一条工務店は自社で開発したホースを使用しています。そのホースは耐久性に優れた素材でできているだけでなく、ジョイント部分がないので、1本のホースが折り返す形で床全体をくまなく巡っています。滅多に壊れないため、他に比べてメンテナンス費用はほとんどかからないとのことです。
また、床暖房は高熱費も心配になると思いますが、一条工務店の家は全ての壁と窓が高気密・高断熱仕様になっているので、なんと30℃の水で床が温まります。しかも、一度温まったらその熱を外に逃しません。冬は床暖房を付けっ放しでも、光熱費は30坪の家で20,000円を超える程度だそうです。

【シロアリ対策】


一般的な断熱材として、グラスウールというわた上の断熱材がよく使用されていますが、これは水分を吸収しやすく、年月が経つとカビてしまうほか、シロアリの餌にもなってしまいます。

一方、一条工務店の家に使われている断熱材は高性能ウレタンフォームというもので、硬くてシロアリの餌になりにくい素材です。
また、家の柱もシロアリに食べられにくい工夫がされています。

木というのは普通、年輪があり、中心に行けば行くほど古くて硬い性質を持っています。シロアリは、木の中心は硬くてまずいので食べませんが、木の外側は柔らかくて美味しいので好んで食べます。

安いハウスメーカーでは、たくさんの木を継ぎ接ぎして作った集成材という柱で家を建てています。集成材は、シロアリにとって食べ易い、木の外側の素材でできているため、柱の中心までやられてしまう可能性があります。

しかし、一条工務店では集成材ではなく芯持ち材を使用しているため、シロアリに狙われても柱の中心まで食べられることはあまりないそうです。また、全ての柱にシロアリ避けの薬品処理をしているというのでさらに安心です。

以上のように、一条工務店は住みやすさと安全性、耐久性をとことん追求しているメーカーです。その代わり、家のデザインや色はある程度型が決まっておりバリエーションが少ないので、デザイン性はあまり求めないほうがいいでしょう。多少高額になっても家を建てる時にクオリティを重視したいという方にはとてもオススメです!